HOME
製品とサービス
SSLサーバー証明書
SGC Super Certs
(標準128bit SSL対応)
概要・申請の仕方
申請ページへ

携帯サイトでのSSL利用はこちらの商品タイプとなります。
SSLサーバー証明書
SSL Web Server Certs with EV
(標準40bit以上最大256bit EV SSL対応)
概要・申請の仕方
申請ページへ
SSLサーバー証明書
SSL WildCard Certs
(標準40bit以上最大256bit WildCard SSL対応)
概要・申請の仕方
申請ページへ
SSLサーバー証明書
SSL Web Server Certs
(標準40bit以上最大256bit SSL対応)
概要・申請の仕方
申請ページへ
SSLサーバー証明書
SSL 123 Web Server Certs
(標準40bit以上最大256bit SSL対応)
概要・申請の仕方
申請ページへ
コードサイニング認証
Apple Dev. Certs
JavaSoft Dev. Certs
Microsoft Authenticode
VBA Dev. Certs
AdobeRAIRTM Dev. Certs

概要・申請の仕方
申請ページへ
無料トライアル21日間
 (サーバー認証のみ)
サポート
よくあるご質問(FAQ)
発行までの主な流れ
料金表&お支払い方法
必要書類一覧表
セキュアシールの取得
ステータスの確認
対応ブラウザ表
対応ソフトウェア表
CSR作成手順
※作成したCSRが正しいかを確認するには実際に申請ページに貼り付けてみて下さい。
thawte support database
お問い合わせ
Thawteについて



必要書類一覧表
申請には、第三者の偽装申請、つまり「なりすまし」による申請を防ぐため、貴方の属する組織が本当に存在しているかを確認するため、及び申請されるドメイン名の使用権が本当にその申請者本人に帰しているのかを確認するために、各種必要書類をFAXにてお送り頂きます。

Thawte社より書類提出依頼のメールが届いた場合には、お早めに送付をお願いいたします。3〜4日経過した場合は、Terminated(保留)扱いとなりますのでご注意ください。Terminated扱いになる際には、48時間前にThawte社からその旨のメールが送信されます。ただし、Terminatedとなっても申請続行の意思があり、書類を送付いただける場合、90日以内であればTerminatedを解除し、証明書を発行することが可能です。

個人様向けサーバー証明書の発行に必要な書類「免許証またはパスポート貼付のNotary Identity」には、公証人による確認・署名が必要となっております。
これまでは本人様以外の第三者による署名も受け付けておりましたが、2006年8月より必ず公証人の署名が必要となっておりますので、何卒ご了承ください。

申請団体を証明する書類

ドメイン名に関する書類(DAL)
各種テンプレート
書類送付先

◆申請団体を証明する書類
Thawte社側にてD-U-N-S®Number への登録情報、または帝国データバンクのオンラインデータベースへの登録情報を確認できる場合は、以下に記載の申請団体証明書類は不要です。

DUNS情報及び帝国データバンクオンラインデータベースでは、主に申請団体名、住所、電話番号を確認いたします。
なお、DUNSまたは帝国データバンクオンラインデータベースへの登録がある場合でもこれらを確認出来ない場合には、以下に記載の必要書類をご提出いただきます。

・DUNS登録有無の検索
*「Business Name」に「申請団体名(英語)」を入力、「Country」は「Japan」を選択の上、〔SEARCH〕ボタンを押してください。

また、登記情報のみは法務省の登記ネットデータベースも参照致しますが、こちらでは登記情報の確認のみとなりますので、上記DUNS情報及び帝国データバンクオンラインデータベースで確認できず登記ネットでのみ会社存在確認が取れた場合は、別途電話番号の確認が必要となります。


※以下に記載の各書類は、D-U-N-S®Number情報または帝国データバンクオンラインデータベース情報を確認出来ない場合の必須書類となります。なお、各書類の名義は、申請団体名と一致していなければなりません。

※DUNSまたは帝国データバンクオンラインデータベース登録無い場合、弁護士意見書または公認会計士意見書で全ての提出必要書類(ドメイン確認を含む)を代用することが可能です。共用電話などをお使いで電話番号の証明ができない、個人事業主で書類が揃わない、個人で全ての事項についての公証人認証が困難などの場合はお知り合いの弁護士・公認会計士の方に意見書作成して頂ければ全てカバーできますので、DUNSまたは帝国データバンクオンラインデータベース登録及びオンライン電話帳での登録が無いお客様はこちらの提出をご検討下さい。
各意見書のテンプレートは下記「各種書類テンプレート」より取得下さい
日本に登記のある
法人・団体
・商業登記簿謄本の写し
※登記ネットでも確認できない場合
3ヶ月以内に法務局より発行されたもの
・電話番号確認書類 オンライン電話帳掲載ページのURL
中央省庁
公共団体
官公庁
・特に無し Thawte社側にて確認
個人事業主 ・個人事業開廃業届 管轄税務署収受印のあるもの
・電話番号確認書類 オンライン電話帳掲載ページのURL
個人 ・免許証またはパスポート貼付の
 Notary Identity

※電話番号についても公証人の公証が必要となります。
公証人による確認・署名が必要
公証人とは?
オンライン電話帳の場合、証明書申請に使用された組織名と同一名義である必要があります。
◆ドメイン名に関する書類(DRL)
申請ドメインをWhoisデータベースで確認した際に、「Registrant」または 「Organization」が申請団体名義と異なっている場合は以下の方法にて認証を行います:

○当該ドメインのwhoisページに担当者として登録されているメールアドレス宛てにThawteより確認メールが参りますので、
受信後そのままご返信下さい。これで認証作業は完了します。

○上記方法にて認証が行えなかった場合、whoisのRegistrant情報を
Thawte SSL申請で登録した組織名に更新登録して頂きます(管轄のNICにもよりますが、概ね1〜2日程度でデータベースに変更内容反映されます)。Thawte側にて更新内容が確認出来次第認証作業完了となります。

・JPドメインの検索

・com, net, org, info, biz 等の検索
◆各種書類テンプレート
以下のテンプレートは、お客様に記入いただく箇所を日本語で記載しています。
表示されているテキストをコピーし、テキストエディタやワードなどにペーストの上、日本語説明部分をお客様情報(英語)に修正してください。修正後は印刷の上、Signature欄に署名をしてからFAXください。


・弁護士/公認会計士意見書テンプレート
 →コードサイニング用 Word形式PDF形式
 →SSL(SGC)証明書用
 Word形式PDF形式
 ※各テンプレート共、赤字の部分を記載の上ご提出下さい。

・Notary Identity(公証人による個人証明)テンプレート

・Contact Chnage Form(担当者情報変更)テンプレート

・REVOCATION LETTER(証明書の廃止要求)テンプレート
ステータスページからも廃止できます(この場合は書類必要ありません)。

◆書類送付先(FAXまたはメール添付)
※各書類の余白に鉛筆書きで結構ですので該当リクエストコードを記載してください。

Thawte Japan Local Rep.(東京)
Fax:03-5984-5556

またはスキャンしてメール添付にてcerts@medix.co.jpまでご送付下さい。

Copyright(C)MEDIX International Corp. All rights reserved.
MEDIX sites : dw-2000 DesignWorks AntiVirus PowerFlare